ムダ毛処理後の困った毛穴の開きはクリームで改善

ムダ毛処理後の毛穴の開きを何とかしたい

夏が近づいてくると気になるのがムダ毛ですよね。

 

半袖の服から出た腕やスカートから見える足など、
露出の多い季節だからきちんとお手入れしておきたいものです。

 

最近ではミュゼが50円均一など、脱毛サロンもかなり気軽に通えるようになってきました。
とはいっても、ムダ毛処理で一番メジャーな方法といえば、カミソリで剃る方法です。

 

私もカミソリで剃ってお手入れしてるんですが、処理後の毛穴の開きが気になるんです。
剃る前にはちゃんとシェービングフォームも塗ってるし毛の流れに沿って剃るようにしています。

 

アフターケアには保湿ローションを使うようにして、肌のケアには頑張ってるんですが、
毛穴の開きっ放しでなかなか締まってくれません。

 

そこで、ちょっと保湿の方法を変えてみることにしたんです。

 

ローションよりクリーム、クリームよりオイルの方が保湿力が高いようなので、
手持ちのホホバオイルでアフターケアするようになってから、毛穴の開きはましになってきました。

 

さらにこれにプラスして、豆乳ローションでムダ毛が生えてくるのを遅くしようと、使い始めました。
まだ効果の程はわかりませんが、肌状態は以前よりは格段に良くなっています。

ムダ毛処理後に毛穴が目立つ原因

ムダ毛処理後に毛穴が目立つ原因は、カミソリや毛抜きや除法シートなどにより毛穴に大きなダメージを与えてしまって、その直接ダメージによって炎症を起こして赤みを帯びてブツブツになって目立つようになります。

 

ムダ毛処理後に毛穴が目立たなくなるようにするには、
肌にダメージを与えないようにムダ毛処理することが大事です。

 

  • カミソリの刃が古くなって切れ味が悪くなったら新しいカミソリの刃に交換
  • 毛抜きや除毛シートなどダメージの多い方法でムダ毛処理をしない

 

これらがムダ毛処理後の毛穴対策です。

ムダ毛処理後に毛穴が黒いぶつぶつの原因や改善方法

ムダ毛処理後に毛穴に黒いぶつぶつができる原因は、カミソリを利用することで体毛の断面が太くなっているように見えてしまうからです。

 

1本1本の太さはそれほどではなくても、これが数十本と続くと色素沈着をしているように見えてしまうため、自然と黒ずみのように見えてしまいます。

 

人間の体毛は、剃った断面部分を頂上としてそのまま生えてきてますので、剃ってしまうと断面部分が皮膚表面に露出して太く見えます。
ですから、カミソリで何度も剃る人は黒ずみが大きくなります。

 

対策としては、体毛を脱毛することです。特に、専門的な脱毛を利用するとぶつぶつは高い確率で消すことができるため、悩みを解決するだけではなく美肌を手に入れることができます。

ムダ毛処理後に毛穴が赤いポツポツの原因や対策

間違った剃刀や毛抜きでの自己処理は、ムダ毛処理後に肌トラブルを招く恐れがあります。特に肌が弱い人や毛が多い人は、すぐに炎症を起こし赤いポツポツができる可能性があるので注意が必要です。

 

ムダ毛処理後の赤いポツポツの原因は、剃刀負けか毛抜きにより毛穴に炎症が起きている場合のどちらかになります。

 

一番効果的な対策は、剃刀や毛抜きで自己処理をしないことです。一度肌トラブルができてしまうと、自己処理を続けている限り改善するのは難しくなります。

 

剃刀や毛抜きで自己処理をする場合は、処理する前にしっかりケアすることが大切になります。剃刀で処理する場合は、専用のシェービングジェルを使い、処理後は保湿対策しっかり行う必要があります。

 

毛抜きの場合は抜く前に蒸しタオルで毛穴を広げることで、炎症やなどの肌トラブルを防ぐことができます。

 

 

>>ミュゼ50円均一|WEB限定価格の詳細や予約はコチラ! TOPへ

関連ページ

カミソリでのムダ毛処理方法
カミソリでのムダ毛処理方法のメリットやデメリットについて説明しています。
うなじのムダ毛を自分で処理する仕方
うなじのムダ毛の処理方法は誰しも自分で行う場合には苦戦していると思います。うなじのムダ毛処理は自分でやるよりお店に任せた方がいいかも?
顔の産毛剃りは週に一度お手入れをしよう
顔の産毛剃りは、週に一度はお手入れした方がいいと思います。顔の産毛剃りのメリットやデメリット、ケアの仕方などを記載しています。
Vライン脱毛は自宅での自己処理は難しいのでサロンでしよう!
Vラインの脱毛は自宅での自己処理が難しいので脱毛サロンでお願いするのが一番です。ミュゼ50円コースなら自宅では難しいVラインもキレイに施術してくれます。