顔の産毛剃りのお手入れの仕方やメリット

顔の産毛剃りのお手入れの頻度は?メリットやケアの仕方

顔の産毛剃りでのお手入れ頻度は、私は週に一回ペースで行うことにしています。
ファンデーションが最近粉が浮いたようになるなと感じてきたら、顔の産毛が伸びているサインなんです。

 

産毛剃りのメリットはメイクした時にファンデの乗りが良くなって肌にピタっと密着してくれて、化粧崩れも少なくなります。

 

また、お手入れをすると薄っすら生えていた産毛がなくなって、
肌が明るく見えるようになるので、肌に透明感が出てくるようになるんです。

 

そして、古い角質なども一緒にはがれてくれるので、軽いピーリングにもなっていて、
顏の産毛剃りした後の肌はすべすべしていてとても気持ちがいいんです。

 

しかし、肌には多少なりとも負担はかかっているので、
きちんとケアしておかないとかぶれたり赤くなって痒みが出たりしてしまいます。

 

鎮静効果のある化粧水を塗ってきちんと保湿してあげれば、滅多に肌トラブルは起きないですんでいます。

 

顏の産毛剃りをするなら、お手入れ前にクリームや乳液を塗ってすべりを良くすることと、
剃った後の肌ケアをしっかりする事が大切だと思います。

顔の産毛の正しいお手入れ・剃り方

顔の産毛の正しいお手入れについて、準備〜アフターケアまでをまとめました。

 

顔の産毛をお手入れ前の準備

顔の産毛のお手入れの前にまず、顔の汚れを水や石鹸で落とした後、クリームを顔全体に塗ります。
このときクリームを塗るのは肌がカミソリの負担にならないようにするためです。

 

毛を剃るときは力を入れないでそっとやさしく行いましょう。特に産毛には要注意します。
そして剃り終えたらタオルでしっかり拭いてスキンケアで肌を整えます。

 

この方法は蒸しタオルやスチーマーが面倒くさい方に最適です。
そしてお手入れ前にお風呂に浸かって毛穴を広げお肌を柔らかくしておきましょう。

 

お風呂に入った後の方が毛が剃りやすくなります。

 

顔の産毛をお手入れ時の正しい順序と剃り方

まず顔を剃り始める前に、洗顔を行って角質や汚れを落とし、
カミソリによるダメージを軽減するためにクリームを塗りましょう。

 

尚、クリームを塗る際は産毛に逆らうようにして塗ることで寝ている毛が逆立つため、剃りやすくなります。
準備が整ったらお手入れ開始です。

 

まずは額ですが、眉下は外から内側へ剃り、
額部分は輪郭に沿って剃った後に上から下に向かって剃ります。

 

頬は頬骨のあたりを内から外に剃った後、こめかみと頬骨の下は上から下に向けて剃るようにしましょう。
鼻筋や小鼻に関しても同様です。

 

そして最後にフェイスラインですが、こちらも基本は上から下に向かって剃りますが、
あご裏に関しては喉元からあご先に向けて剃るのが正しい方法です。

 

では部位ごとにもっと詳しくお手入れ方法を見ていきましょう。

 

おでこと生え際の産毛の正しい剃り方

剃る前にクリームを塗っていきます。クリームは毛の流れとは逆の方向へ塗っていくと、
寝ている毛が逆立ってシェービングが効果的にできます。

 

おでこの生え際の剃り方は、額の場合髪の生え際から一センチのラインを目安にして沿っていきます。
額の輪郭を沿った後、眉の周りも沿っていきます。この時も一センチほどの範囲は残すようにします。

 

この理由は、ギリギリまで沿ってしまうと眉や額の髪の毛そのものまで沿ってしまう可能性があるからです。
眉の下のラインは外側から内側に向かって沿っていくと綺麗なラインに仕上がります。

 

頬〜顎にかけての産毛の正しい剃り方

頬から顎にかけてムダ毛を処理したい時は、上から下へ剃っていく必要があります。
こめかみの部分から下の方向へ剃っていくことで、綺麗に無駄毛を処理することが可能です。

 

顔や眉毛の近くを処理する時は、生えている場所から1cm離れたところまで剃りましょう。
鼻すじや小鼻部分も同じ方向に剃った後、口の周りの毛を処理してください。

 

口角の近くにある毛を剃る際は、内側に向けて刃を動かすようにしましょう。
フェイスラインのムダ毛処理も下に向かって剃れば良いので、簡単に方向を覚えることができます。

 

 

以上が、顔の産毛のシェービングお手入れ方法です。

 

顔の産毛を剃った後の肌の事を考えたアフターケアの仕方

顔の産毛を剃った後、何よりも優先して行わなければならないのは保湿です。

 

正しい順番で産毛を剃り終えた後は、速やかに洗い流して、できるだけ早くクリーンな状態に戻すのです。
それからアフターケアに着手する必要があります。

 

アフターケアのポイントは、保湿をたっぷりとすることに尽きます。
肌の乾燥が一番の敵です。化粧水かローションを使っての保湿が効果的です。

 

カミソリ負けしやすいようであれば、冷たいタオルでそっと冷やすことで、
肌をクールダウンすることができますので、赤みやヒリヒリ感も解消できます。

女性の顔の産毛剃りでのお手入れにはどんなクリームを選べばいい?

女性の顔の産毛剃りでのお手入れに使うクリームの選び方は、
薄く延ばすことが出来るタイプが前提となります。

 

剃る部分がしっかり見えて安全なうえに、綺麗に仕上げるためにも理に適っております。
肌の保湿成分がしっかり配合してあるかもチェックします。

 

顏の産毛のお手入れの際に肌の表面を多様なりとも傷付けることになり、
肌のつっぱりや乾燥を感じることもあります。

 

ですので、スクワランなどのオイル成分が乾燥しにくい状態を保ち、
コラーゲンやヒアルロン酸なども水分を保持してくれるためお勧めです。

女性の顔の産毛剃りの際のお手入れにはどんなシェイバーを選べばいい?

女性の顔で気になる産毛剃りの際のお手入れ時に使うシェイバーの選び方としては、
まずなによりも肌を傷つけないような構造になっていることです。

 

切り傷ができれば出血してしまうので、その上から絆創膏などをつけることになって見た目もよろしくありません。

 

また、メイクをしてから産毛が気になるときもあるので、
ファンデーションなどを落とさないで処理できるものであればなお良いでしょう。

 

産毛剃りシェイバーのメリットとデメリットは?

産毛剃りシェイバーを使うメリットは手早く簡単にできるので、
メイクに時間がかかる女性でも朝出かける前に綺麗な肌になることができます。

 

一方でデメリットはというと、肌を傷つけないような構造だとどうしても短く産毛が残ってしまうことがあります。
その場では気にならなくても、大切な人と一緒にいる時にはもう少し丁寧に処理をしたくなるでしょう。

 

短い期間で目立つくらいの長さになってしまうので、シェイバーはこまめにやらなければいけません。

 

 

>>ミュゼ300円|WEB限定価格の詳細や予約はコチラ! TOPへ

関連ページ

カミソリでのムダ毛処理方法
カミソリでのムダ毛処理方法のメリットやデメリットについて説明しています。
ムダ毛処理後の毛穴の開きにはクリームで改善策
ムダ毛処理後の毛穴の開きを改善したいという人は多いと思います。ムダ毛処理後の毛穴の開きはクリームなどで対策していきましょう!
うなじのムダ毛を自分で処理する仕方
うなじのムダ毛の処理方法は誰しも自分で行う場合には苦戦していると思います。うなじのムダ毛処理は自分でやるよりお店に任せた方がいいかも?
Vライン脱毛は自宅での自己処理は難しいのでサロンでしよう!
Vラインの脱毛は自宅での自己処理が難しいので脱毛サロンでお願いするのが一番です。ミュゼ300円コースなら自宅では難しいVラインもキレイに施術してくれます。